シートアレンジが豊富な自動車

  • シートアレンジが豊富な自動車

    • 最近では子育てをしている人に嬉しい機能が多い自動車がとても多くなってきています。


      自動車は子育てをする上で欠かせない物となっているということもありますので、子供を乗せ降ろししやすいようなスライドドアが両側に付いていたり、トランクルームが広めに設定してあることで、大きめのベビーカーもすんなり乗せることが出来るようになっていたりするという子育てする上で使いやすい機能が多くなっているという場合がとても増えてきているのです。
      中でもシートアレンジが豊富に出来る自動車はとても人気となっているのです。

      例えば、自動車で移動する場合、車内で赤ちゃんのおむつ替えをしなくてはならないというケースもあるのですが、赤ちゃんを寝かせるスペースがないと、おむつ替えをすることが難しくなってしまうということもあるのです。

      そこで、運転席と助手席のシートを倒すことによって、フラットになるようなアレンジができるタイプの車にしておくことによって、赤ちゃんを寝かせながらおむつ替えをすることもできるようになるのです。
      後ろの座席も収納してしまうことでフルフラットにする事ができるという車種もありますが、チャイルドシートがありますので、取り外しが大変になってしまうということから、後ろの座席よりも運転席と助手席がフラットになるというタイプの車種がとてもおすすめとなっているのです。

      運転席と助手席が簡単にフラットになることによって、停車中に赤ちゃんを遊ばせて気分転換させるということもできますので、おすすめなのです。

      新車の販売台数のおよそ40%が軽自動車で、多くの人が乗っています。軽自動車にはいくつものメリットがあるためです。


      まず、燃費が良いことです。

      車種によって多少の違いがありますが、基本的に車体が小さいと排気量が少なくなり、低燃費が実現します。

      また普通車と比べると、保険料が安いです。

      自賠責保険は普通車より1000円〜2000円、任意保険では月2000円〜4000円安いです。

      特に任意保険に関しては、1年間で比較すると、数万円単位で費用を抑えることができます。


      同様に自動車取得税や重量税などの税金も安いです。そして、登録手続きが簡単です。

      車証明書や印鑑証明が必要ないため、始めて車を購入する人も安心できます。さらに車体の小ささは、運転のしやすさにつながります。


      小回りがきくため、細い道を通るときもスムーズに運転できます。
      狭い駐車場や小さなガレージでも、車を傷付けるリスクが軽減されます。

      一方で、軽自動車にはデメリットもあります。まず、ボディの薄さです。

      大きさに決まりがあり、その範囲内で快適な室内空間を実現させるためには、ボディを薄くするしかありません。事故が発生したときに、ボディの薄い軽自動車は大破する恐れがあります。

      また、パワーが劣っています。
      エンジンが660ccなので、1000cc以上の普通車よりスピーディーな走りを楽しめません。


      さらに、車体に乗れる定員が4人までで、5人以上乗せると罰則を受けます。

      GT-Rの中古車が気になる方はこちらへご来訪下さい。

      一つ上のGT-Rの買取情報がリニューアルしました。







      http://smany.jp/3721

      http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/economy_trend/208574.html

      http://rocketnews24.com/2013/06/14/340493/

  • 関連リンク

    • トヨタ自動車は、故障が少なく信頼性が高いです。特にヴィッツやカローラシリーズなど生産台数の多い車種の故障が少ないです。...

    • 自動車にはエンジンの位置と駆動方式によって、FF、FR、MR、4WDなどのタイプにわけることができます。最も多いのはFFで、これはフロントにエンジンを搭載し、前輪駆動で走る自動車のことをいいます。...